ご挨拶

Wisdom School 岡田 勝彦

(株)日本人事総研は平成5年に設立以来「人事制度は経営推進の手段である」「制度は運用されてこそ価値がある」「○○主義に固執しない」をモットーに特に「人事部のない企業」を中心にご支援させて頂いて参りました。
世の中はいつの世も変革を求めています。企業経営は変革に即応してこそ勝ち残ることができます。その為の必須条件は幅広い知識と智恵を駆使し走り抜けることではないでしょうか。幅広い知識の中で、弊社は経営資源の「人」にフォーカスし、 賃金・評価・人材活用・活性化等の「人の事」について、より多くの皆様に情報をお届けすべく本分校を立ち上げました。
これらの情報を活用され更なる高みへと経営の舵を取られる
一助となれば幸いです。

株式会社 日本人事総研 代表取締役 岡田 勝彦

他のスクールとはここが違う!ウィズダム・スクールの3つの特徴

ズバリ!講師が自慢です

起業を成功させるために必要なビジネスモデル構築から、ネット集客・マーケティング、法律、
ビジネスマナー、自己啓発など現実のビジネス界で活躍している一流の講師陣が分かりやすく解説!

特長1 第一線で活躍する一流の講師陣

当スクールには、他では見られない、業界の仕掛け人とも言える超一流の講師だけが登壇しています。会社の成長発展に必要なノウハウや人材育成の方法論、経済の最新動向などについてドリーム・チームが指導します

特長2 多彩なオリジナル講座を用意

経営や人材育成に関する悩みは千差万別。様々な課題や悩みの解決に向けて、当スクールでは多彩な講座を用意しました。他ではない当スクールのオリジナル講座ばかりなので、ぜひこの機会に受講をお勧めします。

特長3 ご都合に合わせて受講が可能

当スクールはeラーニング形式を採用しているので、ご自分のペースで、好きなときに、好きな講座を受講することが可能です。講演やセミナーと違い、繰り返し受講できるので、学習した内容が確実に身につきます。

講座一覧

定期講座岡田勝彦

企業経営に活かす人事処遇&人材活性化 第30回 実力の高め方⑰ 問題解決力3

シリーズでお届けしている「実力の高め方」。今回のテーマは、「問題解決力」の3回目です。まず、問題が発見できなければ問題を解決する術はありません。今回は、いかにして問題を発見し、どう解決するのかを、ヒントを提示しながら解説いたします。

詳細はこちら


定期講座佐藤正彦

リーダー力をアップする『圧倒的成果を高めるコーチングの本質』 第6講

学んできたコーチングスキルを使いながら、いよいよ実際のコーチングのステップに沿ってポイントを解説します。代表的なフレームワークであるGROWモデルから、システマティック(体系的)にコーチングを進められることができる基本的なガイドラインを理解しましょう。コーチングの良い例・悪い例でケーススタディをわかりやすく解説しますので、すぐに活かせるコーチングのコツをつかんでください。

詳細はこちら


定期講座藤原直哉

藤原直哉の素晴らしい経営とは何か 第2回

色々と時代が変わっていく中で、その変化に対応して、世の中に役立ち続けるためには、経営の中身・経営の品質を良くしなければならない。
経営品質と言う言葉がありますが、素晴らしい経営というのは、『経営の品質が素晴らしい』と皆さんが言ってくれるようなものを目指そうということであり、360度どこから見ても『素晴らしい』と人が言ってくれる会社というのは長続きする会社である。 世の中の役に立ち続ける会社を作るためにはどうすれば良いのかについて、解説します。

詳細はこちら


単独講座大西 素子 先生

女性活躍推進の流れに 企業は何をすればよいのか

女性活躍が注目される昨今。なぜ、これほどまでに女性の力が注目されるのか
現状はどうなのか?女性活躍が企業にとってなぜメリットなのか?推進力と規制力は何か?
企業は何から取り組めばよいのか?
このような問いを考えていただくために、ビジネス・育児・介護の経験の中からポイントを
わかりやすくお伝えしていきます。女性の力を活かし、成果のあがる組織づくりを目指して行きます。

詳細はこちら


単独講座加藤恵美

一流のプロ講師が実践している話し方

大勢の前で話す、となると、緊張する人はたくさんいます。私もそうです。しかし、普段仕事で講演の上手な先生方を大勢拝見していると、いろいろと見えてきました。一流のプロの講師の先生も最初は誰でもプロではありません。自分に合ったスタイルを探しながら、5つの要素がバランスよく整っているか、実は準備がとても大事、ということなどなど、エッセンスをお話します。 一流のプロ講師が実践している「心をつかむ話し方」について、話のうまい人を科学してみましょう。ビジョンが明確な人など、まずは観察&まねてみる。何が足りていないか検証・補完するなど、バランスよく5つの要素を整えることで、話がうまくまとまるようになります。

詳細はこちら